名古屋市千種区の建築設計 アールアンドエス設計工房のお知らせ

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ

最新情報一覧News

2017.11.28
佐川美術館




11月のある平日 地域の女性会のおばちゃんたちと佐川美術館に行きました

話題になって10年もたっていますが 施工精度がいいので とてもきれいです

入口の門のつくりですでに圧倒され、雨樋のつくりに感心しながら撮りました

開口部分にだけ ステンレス製のカチッとした樋がかけられ

両側に円筒形の吐水口がちょっと突き出ているだけ

ここから雨が落ちますが 今までならここにチェーンがぶら下がっているのですが

開口部のみの雨の量なので大したことはないのでしょうか?

一度雨の日に見てみたい

 

内部は池を取り囲むように配置されています また建物周辺も半分近くは池になっていて

琵琶湖と繋がっているのかなという錯覚を起こしていました

深さは浅いけれど 人工的な池です

アメリカのボストンにあるIMペイのサイエンスセンターの池を思い出しました

その時、池の縁のデイティールに感心しましたが

ここもそのあたりはうまく処理されていました

 

展示室以外の主だった壁は内部も外部もコンクリート打ち放しです

木目がきれいな仮枠を使用し しかも目地は出目地という 大変凝った仕様

廊下の一部に ベンチ用の家具がありました

広場には 古い長持ちのような家具が ベンチ代わりにありました

これらは どこのもの、いつの時代のもの と興味津々

このベンチはひょっとして新しいかも と扉を開けてなかをのぞいてみました

最近は 古びた感じにつくる技法もありますが・・・私にはわかりません

 

同行したおばちゃんたちからは 建築士って変なことに興味を示すのねと

あきれられましたが 探究心はやまずです

 


2017.08.31
リノベ




フィンランド紀行はまだ道半ば 続編 乞うご期待を

この夏は 暑いのと忙しいのとで ちょっとばて気味に

そんな8月最後の日にリフォームの引き渡しがありました

ダイニングキッチンを土間にして

その隣の和室をキッチンにしました

1枚目の写真はキッチンの窓だったところに

大きな開口を作り、両開きドアと引違の網戸を組み込みました

扉を閉めたとき暗くならないようにランマは引違のガラス窓に

いつもお世話になっている建具屋さん、上手に作ってくれました

開口部の両脇は壁や勝手口を解体した関係で新しい木の外壁に

 

中にはいると2枚目の写真のような土間のある空間に

以前のリフォームで新しく作られていた内装を取り払い 元の構造体に

床面は三和土土間 暖かみのある 砂を固めた素材です

壁は柱、一部耐震補強した柱、などそのままで 壁をきれいに塗り替えました

上がり框は杉の板を簀子状に作って

電気の配線は昔ながらの碍子が使われていました

一部残っていますが 不要になった碍子もちゃんととっておきました

照明器具はこの空間に合うものがないので

そっけなく裸電球をぶら下げました   LEDですが・・・

建具も少し寸法があっていないけれどそのままに

 

右側の障子戸の奥は3枚目の写真

あらら 不思議な キッチン

普通の和室の畳の床をフローリングにし

中央にど~んと木の天板で作った流し台とテーブルを置きました

コンロは背面の階段下の押入れの中に・・・

こうすれば配管類がうまく処理できます

何とも 不思議な なつかしい 土間のある ちょっと贅沢な

ダイニングキッチンになりました

住む人は 若い方です 

昭和の人間にとってはなつかしい雰囲気ですが

時代が変われば モダンな価値観に代わるんですね

最近読んだ本で 「モダン」 とは

現代というよりは ラテン語の 「たった今」が

語源だとか  なるほど!


2017.08.14
フィンランド紀行 12




セイナッツアロで大満足をしたあと

ユヴァスキュラの駅近くのホテルに宿泊

朝 ホテルの近くを 2時間くらい散歩したが

景色といい、建築物といい 思った以上にレヴェルが高い

この街を代表する大学をまず紹介

ユヴァスキュラはアアルトが最初に事務所を開設した場所で

初期の建築もいくつかあるが 名声をはくした後ユヴァスキュラ教育大学の

キャンパス内の主だった建物に関わった

フィンランドは教育のレヴェルが高いと 最近世界でも評判であるが

このユヴァスキュラ教育大学も その一つである

最近は教育大という名前ではなく 単に ユヴァスキュラ大学となっている

日本で教育大学といえば 少しランクが下がる帰来があるが

フィンランドでは 教師という職業は 大変尊敬されている

学校のつくり方をみていると さもありなんと 感心する

1枚目の写真は 丘陵部にある 学生施設

 

2枚目は学生用の食堂の内部

これが1950年代初めの作品とは おどろき

今も立派な現役で しかもちっとも古びた感がない

 

3枚目はこの食堂の入り口ホール

北欧の建築は フィンランドに限らず 

玄関ホールに必ずコートかけがあり充分な面積をとっている

 


2017.08.08
フィンランド紀行 11




アアルトが 前回掲載した セイナッアロ村役場の仕事をしている頃

近くの 別荘地で見つけた場所に

有名な実験住宅 通称 コエタロ を 建てた

村役場とこの住宅は何をさておいてもどうしても見たかった

 

今から60年以上も前の作品であるが

いまだに 魅力的 その大きな要因は

スケール感にあると思う

寸法線の入った図面を見つけることは出来なかったけれど

ベッドのサイズやドアのサイズなどから想像して

これかなというサイズを探し当てた

・・・まったく 自己満足の世界であるが・・・

それによると この1枚目の写真の白い壁の外郭が

14.5メートル角 内部の中庭が9.7メートル角

そして残りのL型の住まいの部分が 115㎡

計算結果に 我ながら 感動した  というのは

我が家のサイズと ほぼ同じである ということで

道理で内部のスケール感が いい感じだったんだ

 

たまたま一緒になったアメリカ人にとっては

ちいさな家かもしれないけれど 日本人には

ドンピシャ の スケール

 

2枚目の写真は天井の高い中庭に面した リビング

中二階の部分は スタジオになっている

 

3枚目はL型の一番端っこの寝室

高さのスケール感覚もやはり素晴らしい

特に過度の横長のポツ窓とその下に置かれた椅子の

バランスが みごとである

 


2017.07.05
フィンランド紀行 10




フィンランドの3日目は遠方への小旅行です

朝早いVRという電車で約3時間 ユヴァスキュラ に向かいます

2階の4人掛けのテーブルを囲む席での快適な鉄道

いつか鉄道旅行をしたいと願っていたが 小規模の夢が実現した

車窓の景色は 本当にきれい  刺激的なものはないが

ひたすら 緑と白樺林と湖 が続く  ちょっと大げさかな?

そしてたどり着いたのは このセイナッツァロ村役場

アアルトの中でも一番好きな建物  と ガイドの アンさんに言うと

そういう人は多いよ とのこと そうなんだ、自分だけではなかったと

いいのか悪いのか・・・?

1枚目の写真は 一番のビューポイント で有名

このアングルはアアルトがグラデーションとなずけた構成で

その建物の一番大事な部分が 一番上部にあるというもの

イタリアのサンジミニヤーノの塔の街をイメージしているらしいが

必要もなくむやみに塔を建てることはしていない

この建物の場合 市庁舎で一番大切なのは議会場 ということで

それを一番上に配置しているがパースペクティブ効果で

山の頂上にあるように見える  と 本に書かれていたが

それを実感し、 この場にいることの現実に感動した

 

2枚目は入口を入ってすぐのホール

このホールから中庭を囲むように廊下と部屋が続いている

この雰囲気、大好きな空間! 役場といっても 人口3000人の

ちいさな村なので スケール感は住宅に通じるところがある

この写真の反対側に階段があり その空間も素敵だが

90度折れ曲がりながら 最上階の議事場へと続く

 

3枚目の写真は 議事場の後ろの傍聴席のようなところ

左側の議会スペースは天井が高いボリュームのある空間であるが

ここは天井が低く ハイサイド窓があり とても落ち着いた空間

長い間 一度は行きたいと あこがれていた場所なので 夢の中にいるような気分だった

使われている素材は少ないが 木部の構成やスケールなどは

アアルトが日本の木造建築を研究していた様子が想像できる そして

使う人の気持ちをよく理解しているので たぶんメンテナンスもやりやすく

長い時間が経過しても とってもきれいだ

そして もう一つの自慢は この建物は わたしと同級生だ ということだ

 

 

 

 


Page top